森陶房だより

森陶房からのおしらせ

2008年10月31日

お兄さん

小春にとって今日は月に一度の大イベントでした。

それは大好きな人が来たからです。

以前は仕事のお手伝いに来ていただいているHさんに夢中だったのですが
近頃ガス屋のお兄さんのことが一番好きみたいで、

ガス屋さんが来ると、とにかく興奮して落ち着きがなくなります。
立ち上がってみたり反復横とびしてみたり、クークーとないてみたり、大忙しです。

ガス屋さんも最近小春の気持ちに気づいてくれたようで
手を振ってくれるようになりました。
その時の小春はあまりの嬉しさに完全に固まってます・・・。
見ているととても面白いです。

ガス屋さんが仕事を終えて帰っていくといつも寂しそうに丸まって寝ています。

 〜恋する小春 3歳 2008秋〜

2008年10月28日

豆花器

今日焼きあがった豆花器に、庭に咲いているお花を生けてみました。

この花器のイメージは小石です。


昔、山で見つけた古い染付けの陶片が、まるで小さな石の様でした。


その記憶がイメージです。


丸くてころんした感じ。。。少し表面をでこぼこさせて作っています。



2008年10月28日

お茶碗制作

茶碗を作りました。
実りの秋。。おいしくご飯を食べていただきたいです。



左がろくろでひいた後のもの、右が削りをして高台が付いたものです。
これから素焼きして本焼きすると約15%〜17%収縮します。
焼き上がりが楽しみです。


2008年10月26日

リメイク

今回の箸置きは以前おばあちゃんが作っていた形をリメイクしたものです。

四角で少し深みのある形です。。
いろんな柄を揃えてみるのも楽しいです。。


size   5 X 5

2008年10月24日

ブルー木の葉 Ver

片口小鉢の新しい柄の登場です。

今回はお客様からのオーダーでブルー木の葉柄です。
今までは絵変わりのみだったのですが、評判も良く定番商品になりそうです。


これからの季節は鍋物にもよく使う片口小鉢です。


size 11.9 X 4.7

2008年10月24日

作業風景

今回は手びねりで制作してます。

作っているのは片口で
手作りドレッシングを作る時などに重宝します。


底になる部分を作ったあと
粘土をひも状にしたものを積んでいく作り方です。
表面が少しでこぼこしてやわらかい感じになります。

2008年10月22日

アサギマダラ

今日の午前中陶房の庭にきれいな蝶が飛んでいました。

あまりにきれいだったのでこれは写真に撮らないと、と思いカメラを片手に近づきました。
気配を感じるとすぐに逃げてしまうので
慎重に気配を消しながら近づいてシャッターを押しました。


羽の水色と模様がとてもきれいでした。
アサギマダラという名前の蝶で、成虫は1年のうちに、日本本土と南西諸島、台湾の間を往復していることが知られています。

2008年10月21日

輪花鉢

今日も晴れて良い天気でした。

朝から窯焚きで温度の上がり具合を見ながら
輪花鉢と浅鉢のろくろ成形をしました。

輪花なので口元を指で押さえながら形を整えていきます。
ろくろ板にしるしをつけて均等な輪花なるようにしています。


輪花鉢です。 深みのある鉢です。


輪花浅鉢です。 以前、冷奴を入れる器として作ったので家では冷奴と呼んでいます。

2008年10月19日

大漁!

今日は夕方から砥部を出発して一路吉田町に向かいました。
釣り場に着いたのは夜の8時前、辺りはすっかり暗くなっていました。

懐中電灯で手元を照らしながら仕掛けを準備して
さかな釣りの開始です。

釣り始めてすぐに電気うきに変化が!
竿を上げてみると魚がかかっていました。
目当てのアジではなかったのですが、つれたことに感動・・・。

しばらくするとアジもたくさん釣れ始め、
帰る頃には、つりの師匠のHさんはクーラー一杯になっていました。
大漁! 大漁!
今日はホントに楽しい釣りでした。
師匠のHさん、本当にありがとうございました!
次はまた冬に連れて行ってくださいね。。


体長10〜13センチ位のとてもきれいなアジです。

2008年10月17日

お喰い初めセット

丸文のお喰い初めセットが焼きあがりました。

5点セットと7点セットがありますが
今回は5点セットの方です。(7点セットの場合は5寸皿と小鉢が付きます。)


高台の裏にお名前を入れることもできます。。

2008年10月17日

片口鉢

先日の窯から片口鉢が出ました。

片口鉢は森陶房で昔から作っている定番の形です。
サラダを入れたり、鍋をとりわける小鉢としても幅広く使える器です。


    size 14.2 x 5.7

2008年10月16日

日向ぼっこ

今日はとても良い陽気でした。

片口鉢の削りをして外に干しに行くと
気持ちよさそうに日向ぼっこをしていた小春を撮りました。

小春のまわりはゆっくり時間が流れているようです。。


2008年10月14日

手洗い鉢 完成

昨日、手洗い鉢が焼きあがりました。

丸文やあじさい、絵変わりなどいろいろな柄が揃っています。
絵柄見本のミニチュア版も良い感じです。。


下から あじさい・丸文・パッチワーク 柄です。


定番の絵変わり柄です。


ミニチュア版には田植え柄とブルー木の葉柄もあります。

2008年10月14日

今週末は!

今日は仕事終わりに近くの釣具屋さんに行きました。

実は今週末釣りに行くことになっているのです。
一緒に釣りに行くことになっている釣りの師匠のHさんに竿を選んでもらって
同じ竿を2本購入。。

これで目当てのアジが釣れるはず・・・!?
週末がたのしみです!!

2008年10月12日

広田村へ

今日は朝から新鮮な野菜を求めて広田村に向かいました。
以前、道の駅で買った野菜がおいしくて・・・。

車で走ること20分
砥部焼の原料でもある陶石の採掘場近くを通りました。
陶石が顔をのぞかせています。

そこから10分程で道の駅に到着です。
きのこやキャベツなど沢山の野菜がならんでいました。

今日は天気も良かったし良いドライブになりました。

2008年10月12日

さつまいも!

昨日、いつもお世話になっているご家族が陶房にみえて
ご自宅で収穫されたさつま芋をいただきました。

とても大きくて立派なさつま芋で、
さっそく天ぷらにしていただきました。
食べてみると甘くてしっとりしていて
とっても美味でした。



小春は一緒に来られたお子さんに遊んでもらって大興奮でした。

      ☆また遊んでね!☆


2008年10月09日

手洗い鉢の仕上げ

今日は手洗い鉢の仕上げ作業をしました。

素焼きを掃除して、絵付け、釉薬がけ、仕上げ、以上の工程で進みます。

今回は絵変わりのほかにKAORIシリーズも絵付けしました。


絵柄見本のミニチュア版も含めて明日窯詰めです。


KAORIシリーズです。やさしい感じの絵付けにしてみました。


絵変わりシリーズです。森陶房の定番柄で人気です。

絵付け作業中です。大きいのでバランスを考えながら慎重に絵付けしていきます。


仕上げ作業です。今日は天気が良いので外で作業しました。空がきれいです。。

aricoさんのブログをリンクしました。
こだわりの雑貨が揃ってます。是非見てくださいね。

アドレス   http://blog.arico.shop-pro.jp/

2008年10月08日

秋刀魚皿

秋になりました。
秋刀魚のおいしい季節です。
森陶房の秋刀魚皿は一匹まるまる乗せられる大きさです。


            size 29.5 x 10         

2008年10月07日

地方祭

今日は砥部地区の祭りがありました。
神輿のかつぎ手として声がかかったので引き渡し場所で待っていたのですが、
予定の時間になってもなかなか神輿が来ません。

・・・まつこと30分。
神輿の到着です。

なんと車に乗っての登場です。
今日は平日だったので隣の地区ではかつぎ手が少なかったようです。


神輿を引き継いで集会所まで運び入れました。
ここでは神主さんに来て頂いてお払いをしてもらいました。


集会所で一休みしたあとは
団地をひとまわりして次の地区に神輿を引き渡します。
予想外の神輿の重さにびっくりしましたが、楽しいお祭りでした。


2008年10月05日

手洗い鉢の削り

手洗い鉢の削りをしました。
手洗い鉢は食器とは違って後から水洗金具を取り付けます。
規格が決まっているので、少しでも寸法が違っていると合いません。
その為、かなり気を使う作業です。
今回は全部で5種類焼く予定です。
新しい柄の手洗い鉢の焼き上がりがとても楽しみです。



2008年10月04日

陶房の一日

今日は晴れていてとても気持ちのいい一日でした。
朝から片口鉢と手洗い鉢の削りをしました。
天気がいいので乾きも早いです。



手洗い鉢のミニチュア版も作りました。


小春は暖かい陽気のせいかずっと眠そうな表情をしていました。

わたしすこしぽっちゃりしてきました・・。


大きなあくび・・・。痩せる気ないです。。。

2008年10月02日

手洗い鉢

昨日は手洗い鉢のろくろ成形をしました。
普段作っている食器と比べるとかなり大きいです。
慣れるまで少し時間がかかりましたが、良い形に出来上がったと思います。
今日は一日乾燥させて明日削って仕上げです。



2008年10月01日

おいしい梅干

先日焼きあがった蓋物に梅干を入れてみました。


甘みと酸っぱさが絶妙です。やわらかくて美味しいお気に入りの梅干です。


お漬物やらっきょう、煮豆や佃煮などを入れても使いやすい大きさです。


Copyright (C) MORI TOUBOU. All Rights Reserved.