森陶房だより

森陶房からのおしらせ

2009年08月26日

山土の鉢

涼しい日が続いています。

木の葉シリーズの注文が多くなってきて今週窯を焚く予定です。


色々な形で山土の鉢を作りました。

自然の土なので大きめの石が多くて気を使う作業ですが

その分土味が良く焼き上がりが楽しみです。


昨日、習字の教室があり

優秀作品覧に主人の字が掲載されていていました。


夫婦共々仕事が終わってからせっせと書いています。


皆さん墨には香料が入っているのを知っていますか?

以前から墨は良い香りがするなぁと不思議に思っていたのですが

先生に伺ってみると膠のにおい消しに香木のような香りを入れているのだそうです。

墨の種類によっても異なりますので機会がありましたら嗅いでみて下さい。

お香のような良い香ですよ♪


2009年08月25日

きれいな雲

朝、空を見上げるとめずらしい雲が出ていました。


5000〜13000メートルという非常に高い高度で現れる上層雲で、

うろこ雲やさば雲等と呼ばれています。

細かい氷の粒でできた小さい雲の集まりです。


小春も不思議そうに眺めていました。


夕方になり涼しくなったので

足取りも軽く散歩に出かけていく小春、


たくさんの方に心配していただいて本当に幸せ者です。

2009年08月24日

無事保護されました!

昨日朝、8時頃から行方が分からなくなっていた小春が

1キロくらい離れた民家でお昼頃、保護されました。

保護してくださった方はとても心優しく親切な方で

警察にお届け下さり、小春の食事のお世話もしていただいていました。

HPを見てくださった方からもたくさんメールをいただき本当にありがとうございました。

小春が無事見つかって本当にほっとしています。

再会の時、名前を呼んで走って近づくと飛びかかってきて大喜びでした。


ご心配おかけし本当に申し訳ありませんでした。


2009年08月23日

砥部町 犬を探しています

家で飼っている四国犬(柴犬にとても似ている)が

8月23日午前8時頃、北川毛遊園地近くで居なくなりました。

メスで大きさは柴犬くらい、赤い首輪をつけていて

毛の色は全体が茶色で背中がやや黒です。


見かけた方はご一報下さい。  TEL962−2482(森まで)

よろしくお願い致します。

2009年08月22日

北川毛遊園地の夏祭り

夕方、陶房近くの北川毛遊園地で夏祭りが始まったので

行ってみることに・・・


大勢の人で一杯の遊園地は獅子舞の最中、

子供たちが楽しそうに走り回っていて、とても賑やかでした。


今日はそば猪口のろくろ成形をしました。


夏になると多くなるそば猪口の注文

今回は兵庫県のお店に納品する予定のものです。


土物の土練機のメンテナンスをしました。


自然の山土を使っているので

大き目の石や小さな木片などがつまっている事が多いのですが

分解してみると今回は結構きれいでした。

油をさしたり、コーキングをしたりして作業終了です!


2009年08月21日

爽やかなひととき

昨日、岡山のYさまからとてもうれしい涼しげなお菓子が届きました。

爽やかでかわいらしいパッケージ♪♪

とても美味しい冷たいお菓子に暑さも和らぎ創作意欲がばっちり湧きました。

Yさまのお心遣いに深く感謝しつつ☆

ありがとうございました。

2009年08月19日

どら鉢

暑い日が続いていますが

ここ数日湿度が低いので気温のわりに過ごしやすく感じます。

今日は口反り湯呑みの削りをしてました。


午前中に削り終えた湯飲みを外に干していると

夕方にはすっかり乾いていました。

午後からは窯出しです。


以前お客様から注文いただいていた田植え柄のどら鉢が焼きあがりました。

焼けも良く釉薬に艶があってゴスの青がきれいです。


丸文の手洗い鉢も焼きあがりました。



2009年08月17日

もう少し

朝、陶房に着くと

外から良い香りが漂ってきたので

気になって見に行ってみると・・・・

母が初めて梅干作りに挑戦しているようです。

とてもきれいな色をしていて

どんな味になっているのか気になるのですが

出来上がるまでもう少し時間がかかりそうです。


お昼休みの小春。

木陰からちっとも動きません。

呼んでみても無反応、表情にすべて表れてますね(^^:)

2009年08月14日

残暑お見舞い申し上げます。

このところ猛暑が続いているので毛皮に包まれた小春は大変そうです。

近づいて小春を呼ぶと大きなあくびをしながらやってきました。


まるでマスク2に出てくる犬のようです。



おっと、顔が元に戻りました。

庭に植えているススキの穂は出てきましたがまだまだ暑い日は続きそうです。

暑さが続き、夏の疲れが出てくる頃かと思いますので皆さまもお身体お気をつけ下さいませ。


2009年08月13日

手洗い鉢と黒のGT−R

今週は手洗い鉢の制作をしています。

お客様からのオーダーで直径30センチ、少し大きめのサイズです。



今日は削りの工程、焼成時の収縮を計算しながら

排水金具の規格に合わせて削っていく成形段階ではもっとも神経を使う場面です。


削り終えた後、高台裏に森陶房の窯印「壺」の判子を押します。


今回は浅めと深めの2種類をつくってみました。


作業中、Hさん御夫妻がお越し下さいました。

車好きのご主人様と、優しそうな奥様

Hさんの愛車はスカイラインのGT−R。

でも以前お会いした時とは車の感じが違う気が・・・。



なんとスカイラインGT−Rの後継車種、R35型のGT−Rに変わっていました。

この車で4代目のGT−Rだそうです。

自分たちも車が好きなので興味津々

写真を撮ったり、運転席に乗ったり・・・感動です!

ブログに載せても構わないと仰って下さったので

スタイルを崩さないようにあえてナンバーごとアップさせていただきました。


スピードメーターはMAX340!!

普通60キロの所が100キロになっています・・・・・。空、、飛びそうです。


それにしてもセンスの良いHさん

いろいろとお話もできて本当に楽しい一時でした。ありがとうございました。


2009年08月09日

書芸展

愛媛県美術館で開催されている書芸展に行ってきました。


大作が並んでいます。


かな文字の作品も。


南館の1F〜3Fまでずらりと作品が並んでいました。

いつか出品できるよう練習に励みます。

2009年08月07日

5寸どら鉢

今日は5寸どら鉢の削りをしました。

この器は10年以上前陶房で制作していたもので

ずっと大切に使ってくださっていた方が

割れた器の買い足しにご注文くださいました。


お預かりしている田植え柄のうつわです。

ロクロは父の仕事、絵付けは祖父のもので

色合いや筆のタッチは見覚えがあってとても懐かしく感じました。


父からアドバイスを受けながら

生地作りは完成!

これから素焼きをして絵付けの工程に入ります。

出来るだけ当時の雰囲気を再現できればと思っています。

2009年08月05日

8・04 小春の毒キノコ事件

昨晩から窯番をしていて

ちょうど朝日が昇り始めた頃、庭先でガサゴソと音がしているのに気づいて

ブラインドを開けると

大事そうになにやら口にくわえて小屋の中に入っていきました。

その時は気に留めていなかったのですが

10:00頃小春の容態が悪くなり苦しそうにしだしました。

しっぽも力なく下がり耳も伏せていました。


ここに生えていたキノコが無い・・・!!


小春の小屋の近くに自生していたキノコをどうやら誤って食べてしまったようです。

四国犬はもともと原種に近い犬なので

野生の本能が働き、有害か無害か臭いで分かる筈なのですが

小春は野生の本能を忘れ無警戒になってしまっているようです。


たくさん水を飲み少し経つと

回復し元気になりました。

夕方お散歩にも行ってごはんも少し食べたので一安心です。


2009年08月02日

ろくろ体験

午前中、陶芸館で「こどもろくろ体験」のお世話をしてました。

夏休みに入ると家族で来られるお客様が多く

毎年恒例で行っているイベントです。

とはいえ、今まで窯出し市という企画の担当だったので

ろくろを教えるのは初めてで、どんな感じになるんだろうと思っていたのですが

みんな真剣な表情でろくろに向かっていて

形が出来上がったときにはとても喜んでもらえたので

お役に立ててよかったと思いました。


午後からは家でのんびり本を読んだり映画を見たり・・・

知らないうちに寝てしまっていて、今起きたところです。

へんな時間に寝てしまったので夜眠れるのかな?

2009年08月01日

至福の時

8月に入りました。

愛媛も梅雨明けしてこれから夏本番です!


今日は小丼の削りをしてました。

土曜日の陶房はスタッフが少ないので静かです。

ゆっくり時が流れていて

自分の好きな音楽を聴きながら作業をするのが至福の時間です。

ちなみに本日はダイアナクラール♪

マットな感じの歌声が気に入ってます。


夕方からはお茶碗のろくろ成形。

しばらくすると、どこからかお祭りの音が・・・!

父に聞いてみるとすぐ近くの「和合苑」という所のお祭りだそうです。

ちょっと寄ってみようと思ったのですが

ゴロゴロと雷の音が・・・激しく鳴り始めたので諦めることに。


作業を終えて、ふと隣の絵付け場を見てみると

見慣れない柄が並んでいました。

どうやら新しい柄のようです。



Copyright (C) MORI TOUBOU. All Rights Reserved.